製品のタイプCに顧客管理請求管理販売管理売上伝票機能を追加したタイプの業務システム製品です。

勤怠管理給与計算顧客管理商品管理などに最適の業務システムです

業務システム「スキーム」シリーズ製品のHPトップページ 業務システム「スキーム」シリーズ製品の特徴・解説ページ 業務システム「スキーム」シリーズ製品の料金のご案内ページ 業務システム「スキーム」シリーズ製品のお申込ページ 業務システム「スキーム」シリーズ製品のお問い合わせページ
勤怠管理機能製品の案内ページ
給与計算機能追加製品の案内ページ
キャスティング・メール機能追加製品の案内ページ
顧客管理・請求書作成機能追加製品の案内ページ
商品管理・仕入・入出庫機能追加製品の案内ページ
フル機能搭載製品の案内ページ

サイトマップ  

 
顧客管理・請求書作成機能追加製品のガイド

ご利用できる機能一覧

勤怠管理機能については「商品タイプA」のページを、給与計算機能については「商品タイプB」のページを、一括キャスティング、メール一斉送信機能については「商品タイプC」のページをそれぞれご覧ください。
スタッフの現場勤務に対する人件費請求明細や、技術料や値引きなどのあらゆる項目計上が可能な売上伝票の作成・管理ができます。
この商品は派遣会社や請負業、サービス業など、人材やサービス等の役務提供に対する請求を行なう業種に最適なプランとなっています。
商品販売などを行なう場合は上位商品(商品タイプE、F)にてお取扱しております。そちらのページをご覧ください。


【画面操作内容】
操作 操作内容 画面サンプル図
操作者
(マスタ)

営業管理・担当者
【請求日程の登録】

 顧客別に請求日程(勤務・納品日と請求日との関係)を作成します。
 これにより、請求対象の勤務データや売上伝票が存在していた場合、自動的に請求日別に計上されます。
 上記だけでなく、現場別に独自の請求日程も登録することができ、様々な請求日程にも柔軟的に対応可能です。


・請求日程登録
 画面
(マスタ)

営業管理・担当者
【人件費請求単価の登録】

 当該顧客の現場勤務のスタッフの勤務請求単価(固定給や時給単価、手当、交通費など)を登録します。
 ここで請求規定内容を登録することにより、当該規定を参照しながら勤務請求額を入力することができます。


・現場キャスティング
 一覧画面
・現場キャスティング
 登録画面
(随時)

営業管理・担当者
【請求データ検索画面】

すでに作成済の請求データだけでなく、請求対象の勤務・納品データがあれば請求予定データとして併せて画面表示されます。
これにより、請求データの作成し忘れ(計上もれ)が発生しなくなり、神経をとがらせる必要がなくなります。


・請求データ検索
 画面
(随時)

営業管理・担当者
【請求データ登録画面】

 請求データは3つの請求明細データの合算で形成されます。
 請求明細は、人件費請求明細(明細1)、立替金等経費支出請求明細(明細2)、売上伝票(明細3)の3つで構成されています。
(この商品では商品管理機能を持たせていないために、商品販売の請求明細計上はできません。商品管理ならびに商品販売は、上位商品(タイプE、F)にてお取扱しています)


・請求データ登録
 画面
(随時)

営業管理・担当者
【請求明細@:人件費請求明細画面】

現場勤務の人件費請求データの作成を行なう画面です。
現場勤務データに対して請求対象を決定し、請求単価規定を参照の上、規定勤務額や残業加算代、各種手当などの請求額を入力します。


(F)人件費請求明細
 一覧画面


(G)人件費請求明細
 登録画面
(随時)

営業管理・担当者
【請求明細A:立替金等経費支出請求明細画面】

顧客請求可能な物品購入代金などの請求データの作成を行なう画面です。
小口経費支出登録データに対して請求対象の決定(割当)を行ないます。


(H)立替金等経費
 支出明細画面
(随時)

営業管理・担当者
【請求明細B:売上伝票画面】

上記の@とAで計上していない様々な請求項目(技術料や値引きなど)の計上を行ないます。
(この商品では商品管理機能を持たせていないために、商品販売時の売上伝票計上はできません。商品管理ならびに商品販売は、上位商品(タイプE、F)にてお取扱しています)


(I)売上伝票
 一覧画面


(J)売上伝票
 登録画面
(随時)

営業管理・担当者
【請求書類一式】

 請求書類は、
  @総括請求書(請求総額表示)
  A(明細1)人件費請求明細書
  B(明細2)立替金等経費支出請求明細書
  C(明細3)売上伝票
 で一式となります。
 請求書類一式はPDFによる帳票印刷だけでなく、Excelファイルへの書き出し機能も用意してあります。


・請求書類一式
 (PDF)



(画面F) 人件費請求明細一覧画面
(画面G) 人件費請求明細登録画面
(画面H) 立替金等経費支出請求明細画面
(画面I) 売上伝票一覧画面
(画面J) 売上伝票登録画面


Q&A

(Q) 弊社では客先でのスタッフ勤務代を請求していますが、そのときの職種や役職によって請求単価が違います。場合によっては同じ職種でも個人ごとに異なる場合もあります。対応できますか?
(A) あらかじめ客先(=現場)別に、個々のスタッフの請求単価(規定時間内単価や残業単価、各種手当など)を設定することができます。請求データ作成画面では、この規定内容を参照しながら請求額の決定(選択)を行なうことができます。
なお仮に請求単価登録をしていないスタッフの場合でも、請求額を手入力すれば請求データを作成できます。(単に参照規定がないというだけです)
(Q) 弊社ではスタッフの勤務代の他に、サービス料やコンサル料、値引計上などが随時発生します。この場合はどうすればよいですか?
(A) スタッフの勤務代は日々の勤務データが基になっていますが、それ以外の請求項目については、売上伝票を作成してください。
売上伝票にはどのような項目でも請求(マイナス金額も)計上できます。
この場合ですと、1枚の請求書(Total請求金額)を勤務代請求明細と売上伝票の2つで構成させることになります。
(Q) 個々の顧客の請求サイトがバラバラで請求データの作成がとても面倒です。
(A) 顧客ごとに請求日程を登録する画面がありますので、仮に100社が全て違う請求サイトであっても各社ごとの請求日程に則り、請求データのピックアップ・集計がなされますので心配要りません。
例えばA社に対する請求日程で、4/1〜4/末の勤務または納品日を5/25に請求する場合、この日程を請求日程登録画面で登録してあれば、請求データ作成画面では、請求日(5/25)を指定(あるいは漠然と5/1〜5/31と範囲指定)するだけで、請求対象の明細データの表示・集計が自動的になされます。
(Q) 前月請求すべき勤務データに請求もれがあった場合に次月に簡単にピックアップできますか?
(A) 請求もれがあった勤務データは、請求データ検索・一覧画面で「未請求」データとして赤字表示します。
(検索などの行為をしなくても漏れがあることをシステム側から通知します。)
このデータを次月の請求に加算(割当)すれば解決です。
(Q) 請求後の入金管理はできますか?
(A) 請求データ登録画面には入金日・口座・入金金額を入力する画面も用意されています。
また、未入金状態の請求データの抽出(条件検索)も可能です。
なお入力に際しては、分割入金(複数の入金日レコードの登録)にも対応しています。
 

Copyright (C)2007 ksplanning,Inc. All rights reserved.
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権は業務システム「スキーム」シリーズの製作会社の(株)ケイズプランニングに帰属します。