製品タイプAに給与計算機能を追加したタイプの製品ガイドです。

給与計算勤怠管理給与計算現場管理顧客管理商品管理などに最適な業務管理システムです

業務管理システム「スキーム」シリーズ製品のHPトップページ 業務管理システム「スキーム」シリーズ製品の特徴・解説ページ 業務管理システム「スキーム」シリーズ製品の料金のご案内ページ 業務管理システム「スキーム」シリーズ製品のお申込ページ 業務管理システム「スキーム」シリーズ製品のお問い合わせページ
給与計算機能追加製品の案内ページ
キャスティング・メール機能追加製品の案内ページ
顧客管理・請求書作成機能追加製品の案内ページ
商品管理・仕入・入出庫機能追加製品の案内ページ
フル機能搭載製品の案内ページ

サイトマップ  

 
給与計算機能追加製品のガイド

ご利用できる機能一覧

勤怠管理機能については「商品タイプA」の説明をご覧ください。
固定給や時給、日給、週給の給与計算に対応しており、変則支払も工夫次第で柔軟的に対応できます。
給与支払日程や給与単価規定も標準規定1つだけでなく現場独自に設定ができ、様々なパターンで管理可能です。


【画面操作内容】
操作 操作内容 画面サンプル図
操作者
(マスタ)

業務管理者
【給与支払日程の登録】

 自社規定として給与の支払日程(勤務日と支払日との関係)を作成します。
 自社規定では、月払、週払、日払の各日程を作成できます。
 なお、個別の現場ごとに給与支払日程を別途作成し、当該現場勤務のスタッフに適用させることも可能です。
 現場独自の規定では、月払、週払、日払のいずれか1つを作成できます。


・給与日程画面
 (自社規定)


・給与日程画面
 (現場独自)
(マスタ)

業務管理者
【給与支払単価の登録】

 各スタッフの給与単価(固定給や時給単価、手当、交通費など)を登録します。
 上記だけでなく、現場別にスタッフに対する給与単価も別途登録することができ、様々な給与規定の適用が可能です。


・給与単価登録画面
 (スタッフマスタ)
(随時)

経理
【給与データ検索画面】

すでに作成済の給与データだけでなく、支払予定の勤務データがあれば作成予定のデータも併せて画面表示されます。
これにより、給与データの作成し忘れ(計上もれ)が発生しなくなり、神経をとがらせる必要がなくなります。


・給与データ
 検索画面
(随時)

経理
【給与データ登録画面】

 現場別勤務データを基に給与支払額を自動計算し、画面表示します。
 適用可能な給与単価規定と給与支払日程の組み合わせを参照表示しますので、当該スタッフ・現場に適用したルールを覚えておかなくても大丈夫です。
(様々な身分のスタッフが存在する派遣業でのご利用を想定し、かなり多機能な画面制御をしています)


・給与データ
 登録画面
(随時)

経理
【給与明細書】

 スタッフに交付する給与明細書はPDFによる帳票印刷だけでなく、Excelファイルへの書き出し機能も用意してあります。
 画面に登録していない項目の追加や金額調整などもExcel上で編集が可能です。


・給与明細書
 (PDF)


・給与明細書
 (Excel)



・給与未払残存勤務データチェック画面


Q&A

(Q) 弊社には約50名の社員がいます。タイムカードの集計が大変なのですが・・・
(A) 当システムでは本人が日々登録する勤務データを基に給与計算を行ないます。
従いまして、勤務データの時間数集計や遅刻・早退・休暇の回数カウントは自動的に行なわれ、手作業はありません。
(Q) 社員には様々な身分があり、基本給額や手当額も様々です。これらに対応していますか?
(A) 給与支給方法(月給、週給、日給、時給)や給与単価、交通費、各種手当などを登録する規定マスタがあります。こちらに登録することで給与計算に適用できます。
(Q) 弊社は頻繁に昇給などを行なっています。これらの変動に対応できますか?
(A) 給与規定マスタでは支払年月別に支給内容を管理しています。現在の支給規定だけを保存しているのではなく、過去および現在の規定データ全て履歴化して保存されますので、給与規定の変遷も管理できます。
(Q) 弊社には固定給(月給)の社員と時給のパートスタッフがいます。対応できますか?
(A) 給与データ登録画面では、当人の給与支給方法や各支給単価、勤務時間数合計(規定時間、残業時間別)を参照表示しています。
固定給なら規定マスタ計上の各固定支給額を、時給などの実働時間ベースなら、時間給単価×時間数で給与支給額を登録します。
登録に際しては手計算や手入力することなく、自動的に支給額入力欄にセットできるようにあらかじめ計算済かつ制御がなされています。
(Q) 対象期間内に複数の異なる給与単価の現場で就業する場合もあります。 例えば最初の10日間は時給1,000円の現場、次の10日間は1,200円の現場、最後の10日間は950円の現場に入るという具合です。このような場合での給与計算は自動的になされますか?
(A) 現場ごとに独自の給与支給規定の登録がなされていれば、たとえ同一の給与支払日に給与支給内容の異なる複数の現場で就業していても、給与データ登録画面では各給与規定内容を全て参照表示しますので、給与計算(各現場の合計の集計)を容易に行なえます。
(Q) 弊社は手当の種類が非常に数多く存在します。対応できますか?
(A) 通勤手当以外で登録できる任意の手当欄は3つ用意されています。足りない場合はExcel自動作成ツールで給与明細書を作成し、Excel上で手当項目を追加入力してください。
このようなケースを想定し、支給欄には余白の欄を多めに作ってあります。(明細書サンプルを参照してください)
(Q) 給与明細書の印刷は一括処理できますか?弊社はスタッフ数が多いので1件1件印刷処理すると時間がかかります。
(A) 給与データ検索画面で特定の給与支払日の全スタッフの給与データを一覧表示させ、全ての行の印刷チェックボタンをチェックして印刷ボタンを押せば、全員の給与明細書を一気に印刷することができます。
 

Copyright (C)2007 ksplanning,Inc. All rights reserved.
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権は業務管理システム「スキーム」シリーズの製作会社の(株)ケイズプランニングに帰属します。