スタッフ管理勤怠管理機能をご提供するタイプの製品ガイドです。

Web業務システム「スキーム製品」のご案内

勤怠管理製品は、派遣業建設業現場管理スタッフ管理などに最適です

Webシステム「スキーム」シリーズ製品のHPトップページ Webシステム「スキーム」シリーズ製品の特徴・解説ページ Webシステム「スキーム」シリーズ製品の料金のご案内ページ Webシステム「スキーム」シリーズ製品のお申込ページ Webシステム「スキーム」シリーズ製品のお問い合わせページ
勤怠管理機能製品の案内ページ
給与計算機能追加製品の案内ページ
キャスティング・メール機能追加製品の案内ページ
顧客管理・請求書作成機能追加製品の案内ページ
商品管理・仕入・入出庫機能追加製品の案内ページ
フル機能搭載製品の案内ページ

サイトマップ  

 
勤怠管理機能製品のガイド

ご利用できる機能一覧

※規定・残業・早退・遅刻の各勤務時間数ならびに日数・回数の計算・管理が可能です。
※現場別の勤怠管理(時間・工数管理)が可能です。
営業経費データの入力・管理が飛躍的にスピーディ、効率的になります。
※スタッフの業務(行動)スケジュールを擬似グラフィック画面で参照・管理できます。


【画面操作内容】
操作 操作内容 サンプル画面
操作者
(日々)

各人
【タイムカード管理】

@タイムカードの打刻のように日々の出社・退社時間、勤務シフトの入力を行ないます。
勤務シフトの規定により、各勤務時間数(規定・残業・早退・遅刻)が自動計算され画面表示されます。
A変則的な勤務や簡略な管理を行なう場合などのために、時間数を直接入力する方法も可能です。


・デイリー登録画面
・一覧形式画面
(日々)

各人
【現場別勤怠管理

現場(勤務先や業務)ごとに勤務時間を配分登録します。
これにより、現場別の勤務時間状況(工数管理)を管理できます。
(給与計算や収支計算機能をもつ上位商品の場合、現場別の勤務時間登録はこれらの計算の土台となります。)


・現場勤務登録画面
・一覧形式画面
(日々)

各人
営業経費支出管理】

営業交通費や手土産代など、領収証を基に経費支出内容を日々登録します。
1ヶ月間の大量の経費移出明細データを本人がデータベース登録することで経理事務を大幅に削減できます。


・営業経費登録画面
・一覧形式画面
(日々)

各人
【業務スケジュール管理】

現場(勤務先や業務)ごとに勤務時間を配分登録することで擬似グラフィック的な行動予定表(横軸に30分きざみの時間軸)でスタッフ全員のスケジュールを把握できます。
もちろんこの画面から時間変更なども可能です。


・条件指定画面
・スケジュール画面
(任意)

経理
【経理専用画面】 @勤務データの明細・集計一覧管理

各人が登録した勤務データをチェックし、OKであればデータ確定(Lock)処理を行ないます。
画面抽出条件の任意指定により、勤務明細一覧と集計一覧(給与計算で必要な時間数集計や勤務回数カウントなど)を表示でき、勤務管理の根拠データとして活用できます。
画面表示した一覧はPDFで帳票印刷できます。


・一覧登録画面
(任意)

経理
【経理専用画面】 A現場勤務データの明細・集計一覧管理

上記@のデイリー勤務データ管理と同様に、現場別勤務時間入力データチェック、確定処理を行ないます。
明細一覧と現場別勤務時間数集計一覧を画面表示でき、PDF帳票印刷も可能です。


・一覧登録画面
(任意)

経理
【経理専用画面】 B営業経費データの明細・集計一覧管理


本人が登録した経費データのチェックならびに確定処理を行います。
同時に会計科目の割当登録を行なうことで、仕訳データの根拠データとしての利用と擬似仕訳形式の集計一覧を基に会計ソフトへの簡便入力が行なえます。
これにより、経理事務を大幅に削減できます。
PDF帳票印刷も可能です。


・一覧登録画面



・スタッフ基本情報検索・登録画面
・現場基本情報検索・登録画面
・顧客基本情報検索・登録画面
・勤務シフトパターン登録画面


Q&A

(Q) 弊社では1時間単位で勤務時間数を計算するスタッフと30分きざみで計算するスタッフが混在しています。対応できますか?
(A) 当業務管理システムの勤務時間計算ロジックは15分単位、30分単位、1時間単位の3通りに対応しています。
例えば、18:00終業で18:45分まで勤務の場合、15分単位で管理したい場合は18:45まで、30分単位なら18:30まで、1時間単位なら18:00までの勤務として自動計算します。
(Q) 24時間営業しているので勤務シフトはいくつか存在します。対応可能ですか?
(A) 当業務管理システムでは、勤務シフトをいくつでも登録可能です。
(Q) 一日に2回の勤務に入ることもあります。例えばAM8:00〜PM3:00勤務後、同日のPM11:00〜翌日AM8:00の勤務シフトに入る場合です。対応できますか?
(A) 同日に複数の勤務シフトの勤務時間登録も対応しています。
(Q) 勤務時間数に応じて休憩時間数も変化します。対応できますか?
(A) 勤務シフトには1つの休憩時間数しか登録できません。よってこの日の勤務については「勤務時間数」を直接入力する方法で対応してください。
日々の勤務時間入力画面では、勤務シフト指定による方法と勤務時間数入力による方法とを適宜使い分けることができます。
 

Copyright (C)2007 ksplanning,Inc. All rights reserved.
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。
すべての著作権はWebシステム「スキーム」シリーズの製作会社の(株)ケイズプランニングに帰属します。